静岡県浜松市の投げ餅・餅・季節の和菓子・赤飯専門店
上棟式の餅まき餅投げ用の投げ餅、丸餅、のし餅、お赤飯など、その地域の風習に合わせて手配いたします。
餅投げ・餅まき用の投げ餅の全国配送・通信販売もお受けしておりますのでご相談ください。

端午の節句には柏餅


5月5日は端午の節句です。

普通の柏餅は粒あん・こしあん、よもぎの柏餅は粒あん、もろこしの柏餅はこしあんの4種類を製造してます。それぞれ130円で販売してます。

通常柏餅は、上新粉を練って蒸し、団子にして餡を入れ二つ折りに包んでもう一度蒸し、柏葉で包み仕上げます。

当店では上新粉は使わずに、厳選したうるち米を炊き上げ、ごはんをお餅のように杵と臼で餅状にして作ります。なので炊きたてごはんで作る柏餅です。

古代、柏の葉は、神様へのお供え物を盛る器として使われました。

柏は神聖な木と考えられたのです。

また、柏の木は厳しい冬を乗り越えて、次の新芽が出るまで葉が落ちないという特性があります。

なので、跡継ぎが途絶えないと考えられるようになり、「子孫繁栄」の意味が込められるようになります。

柏は、大変縁起のいいものだったのです。

宮中行事としても、端午の節句には柏餅を食べられます。

端午の節句で、五月人形、鯉のぼりでお祝いを頂いた内祝いのお返しとして、大きな柏餅でお返しする風習があります。

大柏餅の注文も承っております。
大柏餅は5月3、4、5日は店頭販売もしてます。
大柏餅の、大(1,300円)、中(650円)、小(390円)あります。
(化粧箱入の場合は2日前までに予約して下さい。)

それから5月3、4、5日の浜松まつりの初練りの振る舞いとして柏餅、大柏餅を出すと、大変喜ばれます。

注文は2日前まで承っております。